Mentality of Bornholm - Episode 3 - Way of return to the nature

Oh Oakのプロダクトに出会ったのは、コペンハーゲンのインテリアショップFinderiだった。まばらに付けられた独特の釉薬の色合いはとても自然に感じられ、実際に使ってみると、食材や飲み物の色とのコンビネーション、光の反射によるコントラストで陶器の印象に微妙な変化を起こした。感情に訴えかけるプロダクトを作るOh OakのSarah Oakmanのクラフトマンシップをインタビューで探ってみたいと思う。

 

 

- 陶芸をどうして始めることになったの?
 陶芸を始めてからの13年間は人生の大きな部分を占めているわね。2004年、私はホルケホイスコーレに行き、陶芸を始めたの。そこで私に才能があると信じてくれて、とても影響を受けた先生に出会ったのよ。それが本格的な趣味として陶器を作り始めた動機だったわ。そして2012年に大きな一歩を踏み出すことになったの。

 ボーンホルム島にあるデンマークデザインスクールの陶芸学部に行き始めて、2016年の夏に卒業をしたわ。2015年には今やっている「Oh Oak」というセラミックブランドをスタートさせて最初のシリーズのNexøも作り始めたのよ。同時に卒業プロジェクトは、もっとアーティスティックな作品を作ったわ。卒業した後、もう既にいくつかのクライアントとリテーラーを抱えていたから、スムーズに学校生活から本格的な実生活に移り変わったわ。

- プロダクトの色合いが綺麗だね。どこからインスパイアされているの?
 私の陶器の色と表情は、自然からのインスピレーションが一番よね。ボーンホルム島に住む多くの人が、ここの光について特別な何かがあると言うのよ。特に春と秋にね。太陽の光がどのように島の周りの海に反射されるのかと関係があるそうよ。

 

 

 ここの光は古くからアーティストに影響を与えていて、光の認識やプロセスがインスピレーションに大きな役割を果たしているはずね。色のコンビネーションは大きなインスピレーションの源で、全ての色を混ぜたり、色の組み合わせを調和させることは大事なの。

- プロダクトを作るのにどのくらい時間がかかるの?
 陶器を一度に一つずつ作ることはないし、多くのプロセスを重ねるの。それにカップやボウルと、大きな彫刻を作るのとでは大きな違いがあるから、一概にどのくらいの時間とは言えないわね。

 一般に陶器作りはゆっくりとしたプロセスで多くの時間がかかるのよ。それは決してショートカット出来ないわ。機能的なテーブルウェアを作る私の仕事は、幅広いテストと実験で開発した釉薬がキーになるの。それは何時間も何時間も積み重ねてきたのよ。

 /////////

- Why did you start to make ceramics?
Ceramics has been a big part of my life for approximately 13 years. In 2004 I went to "folkehøjskole" where I first worked with clay. I had a very inspiring teacher who believed I was a natural talent, and that motivated me to start making ceramics on a serious hobby basis. In 2012 I finally took the big step and started at the ceramics department of the Danish Designschool on Bornholm, which I graduated from in the summer of 2016. I started Oh Oak in 2015 and started making my first collection (the Nexø series) while working on my graduation project, which was more artistic.After finishing school I already had a few clients and retailers and the transition between school and "real life" was a bit easier for me.

- Your products has great color combination, I think. Where do you get inspired when you make products?
Again nature is my number one inspiration for my work with colors and surfaces. Many people who live on Bornholm say that there is something special about the light here - especially in spring and autumn. It is said that it has something to do with how the sunlight is reflected by the ocean all the way around the island. The light here has inspired artists for generations, and I'm sure that the light also plays a big role in how I perceive and process the inspiration I get. Colours and combinations is a big source of inspiration for me and it's important to me that you can mix and match all the colours to custom make your own combinations.

 

御影石や青、黒のNexøシリーズは、Bornholm島の南部に位置する荒れた海岸線、岩や崖、そして表情豊かなバルト海に影響されていて、ボーンホルム島の中でもSarahの心に残る特別な場所、Nexøから名前を取っている。「北部の土地」を意味するNordlandシリーズは、ボーンホルム島の北部の森林とその近くのビーチにある目の粗い砂にとても影響を受けていてこれらの色合いを釉薬で表現している。

 

- How long do you make for one piece?
It is difficult for me to say because I never just make one piece at a time, there are many steps in the process and there is a huge difference between making cups and bowls and bigger sculptural pieces. Generally making ceramics is a slow process and everything takes a lot of time and there are no short cuts. A lot of my work on the functional tableware lies in the special made glazes that I have developed through extensive testing and experimenting. In this alone lies hours and hours of work.

 /////////

 

「ボーンホルム島の自然はとてもラフよ。」そう話すSarahが作り出すプロダクトは自然からインスパイアされていて、それを手に取る人の感情的な経験につながっていく。これがSarahがインスパイアされた自然に対して還元していく方法なのだ。

 

- ものづくりやアートとクラフトについてあなたの考えを教えて。
 テーブルウェアを作るのも、アートプロジェクトをやるのも私は同じくらい好きなのよ。両方の仕事の側面はそれぞれあるし、違った方法で刺激的よね。

 例えば大きな彫刻のアートプロジェクトは、機能的なキャンドルフォルダーFOAMを作ることに影響を与えたわ。だってアートワークをやるなんて最初に思ってもみなかったしね。

 普通の日々の生活で、みんなに使われているテーブルウェアのイメージや使い勝手が、私のクリエイティビティを突き動かすのよ。だからみんなに私のプロダクトを使って欲しいわ。ただお店にディスプレイしてあったり、眺めるためじゃなくてね。

- 陶器を作るプロセスはルーティーンが多そうだけど、それとはどう付き合っているの?
 実際あまりルーティンワークを気にしていないわよ。ワークショップを毎日出るときに自分が作ったものを見ることが好きなの。逆に、ルーティンワークが尾を引く恐れがあるわね。それが原因で新しいデザインやアートワークの開発にたどり着けなかったりするから、色々な時間を持つことを認識しておく必要があるわね。

- Sarahの仕事の難しさってどんなこと?
 自営のデザイナーの視点とクラフツマンの視点の両方で考えなくちゃいけないチャレンジングな場面が多くあってね。自分が、自分自身のボスであることを愛しているし、自分自身で決めることが出来る力を持っているけど、それは難しいことでもあるのよ。

 時には一緒にビジネスを始めている人たちがとても羨ましくなるわ。だって、2人いれば何かを決める時に簡単でしょ。でもね、Oh Oakをもう一人の他の誰かと一緒に作り上げていくことをイメージできないわね。Oh Oakは自分の大きな一部になっているから。

- どうやってそういった所謂クリエイターの孤独と対峙しているの?
 幸いにも、ボーンホルム島には多くの同僚やクラフツマンの仲間たちが住んでいるから、自分の挑戦について話が出来るの。ボーンホルム島はクリエイティブな精神と小さなスタートアップビジネスの“るつぼ”だから、「会って」話が出来る大きなネットワークがあるわ。

 

知人を介して知り合ったガラスデザイナーのMaj-Britt Zelmer Olsenと2015年の冬からワークショップをシェアしている。お互いにガラスと陶器という2つの異なる素材を扱っているけれど、技術や専門的な考えを引き出し合ったりと表面上のシェアのだけでなく、互いの存在がインスピレーションの源泉にもなっている。

 

 そう、NEXØ CREATIVEというNEXØのクリエイティブコミュニティを設立したの。ここでは、様々なことについて議論したり小さなポップアップショップやマーケット、イベントなどを開催することをゴールにしているのよ。

- この先のプランを教えて。
多くのプランがあるわね!まず、デンマークと他の国々のリテーラーとコンタクトしていきたいと思うわ。アートとしては、もっと実験的な仕事をして様々なローカルやインターナショナルなエキシビジョンに出たいと思っているの。

 それと他の場所からインスピレーションを得て、自分の仕事に取り入れたいから、旅行にいきたいのよ。そうね。最初のプランは近い将来、家族と一緒に日本を訪れることかな!

 

/////////

- Please tell me about your opinion of creating products and "arts and crafts".
I love making tableware and artistic projects equally. Both aspects of my work exist because of the other, and they both inspire me in different ways. For instance a bigger sculptural project inspired me to make the functional candleholder FOAM, which I would never have thought of if I hadn't done the artwork first.

In general what drives me to make tableware is the thought of it being used by people in their everyday lives. I want people to USE my products and to not just store them in a cupboard and look at them once in a while.

- I think you have a lot of routine works. How do you get along routine works?
I actually don't mind routine work. I like that when I leave the workshop everyday I can physically see what I have made. On the other hand there is a danger that the routine work takes over, and I never get to develop new designs or work with my artistic work, so have to make sure that I have time for both.

 

 

- What kind of difficulty of your work do you have?
I think there are many challenging aspects of being a self-employed designer and craftsman. I LOVE being my own boss, and having the ability to make all decisions myself, but that is funnily enough also the hard part. Sometimes I really envy the people who have started businesses together because it must be easier to make decisions when you are two people, but on the other hand I can't imagine sharing Oh Oak with anyone else. It has become a big part of who I am.

- How do you solve your difficulty?
Luckily I have many colleagues and fellow craftsmen living and working on bornholm that I can talk to about my challenges. Bornholm is a melting pot of creative souls and small start-up businesses, so there is huge network that I can meet with and talk to. We have even established a creative community here in Nexø called NEXØ CREATIVE, where the goal is to have meetings where we can discuss different matters, have small pop-up shops, markets, events etc.

- Do you have work plan for the future?
I have many plans! First of all I would like to get more contacts and retailers in both Denmark and in other countries. Artistically I would love to do more experimental work and submit those to different local and international exhibitions. I would like to go traveling to get inspiration from other places to incorporate into my work. My first plan is to visit Japan in the near future with my family!

/////////

 

 

<連載記事一覧>

Episode 1:モノから広がった世界(2020年1月6日配信)
Episode 2:ボーンホルムと、色と形(2020年1月13日配信)
Episode 3:Way of return to the nature(2020年1月20日配信)
Episode 4 : 地産地消の循環経済(2020年1月27日配信)
Episode 5 : WORK TOGETHERの精神(2020年2月3日配信)
Episode 6 : WORK TOGETHER(2020年2月10日配信)
Episode 7 : Craft for Sustainability(2020年2月17日配信)
Episode 8 : Persiaを追い求めて(2020年2月24日配信
Episode 9 : Fermented Entrepreneurship(2020年3月2日配信)

 


投稿順 新着順