Jacob Kampp Berliner - Act local, Think global - Vol.1 カフェとローカル

コペンハーゲンで注目を集めている1階がカフェで2階が一組だけ宿泊できるホテルの「CENTRAL HOTEL & CAFÉ 」をはじめ、「GRANOLA」アパレルブランド「SOULLAND」、レコードレーベル「FAKE DIAMOND RECORDS」やスウェーデンのストックホルムのアートギャラリー「GALLERY STEINSLAND BERLINER」などを仕掛けているJACOB KAMPP BERLINER。
今コペンハーゲンで一番面白いソーシャルアントレプレナーの彼に話を聞いてみた。

- Act local, Think global - Vol.1:カフェとローカル
- Act local, Think global - Vol.2:日常とインスピレーション
- Act local, Think global - Vol.3:原点とコミュニティニティ

___________

- 自己紹介をお願いします。
 僕はソーシャルアントレプレナーで、かつ小さな規模のインベスターと言えると思うよ。

- CENTRAL HOTEL & CAFÉのコンセプトは何ですか?
 あの場所(CENTRAL HOTEL & CAFÉ )は長いこと持っていたんだ。小さな二階建てのスペースだね。まず、あの場所の一階の部分を“VERDENS MINDSTE KAFFEBAR” (世界一小さいコーヒーショップという意味)と名付けコーヒーショップにして、二階部分に関しては僕のレコードレーベルFAKE DIAMOND RECORDSの最初のとても小さなオフィスとなったんだ。

 FAKE DIAMOND RECORDSが大きなスペースに移ったときに、僕のTHE CENTRAL HOTEL & CAFÉ AND THE CAFÉやGRANOLAのビジネスパートナーのLEIFとあの二階建ての建物をコーヒーショップと小さなワンルームのホテルにしようと冗談を言い合っていたんだ。LEIFはLARS VON TRIERなどのの映画のセットデザイナーとしてのバックグランドを持っていたから、一年ほどでそれを現実にしてしまったよ。



- なぜS-TOG(電車)の駅からも遠い場所でカフェを始めたのですか?
 僕らの近所だからさ。ここら辺に住んでいるし、ここら辺でビジネスをしているからね。僕は、ローカルであることを愛しているんだ。

- カフェを始めてこのエリアは何か変わりましたか?
 そうだね。僕らのようなコーヒーショップというのは、ローカルコミュニティにおいては多々重要な役割を担うことがあると思う。それは、本当にローカルな雰囲気を感じることができる場所であると同時に、来ている人との関係も築くことができる場所でもあるのだから。


- このカフェを作るとき、どんなことに注意を払いましたか?
 周りをビルに囲まれながらも、美しいクラフトマンシップをディテールに詰め込んだことかな。だからこのCENTRAL HOTEL & CAFÉは、常にたくさんの注目を集めてきたと思う。そこには、いつも写真を撮っている旅行者がいるし、世界中のライフスタイルやトラベルマガジンでそのユニークさゆえに取り上げられているんだ。

- クリエイティブなスペースを作るとき、場所から計画する?それとも状況から?
 アイディアによるよ。次のプロジェクトは古いガソリンスタンドにオーガニックハンバーガーショップを出すことなんだけど、重要なのはガソリンスタンドの本来のデザインとその建物へのリスペクトをもってアイディアを実現させて、創り上げていくことがだと思うんだ。

Vol.2に続く

こちらの内容はa quiet day Season1の掲載インタビューを再編集しています。 

 

Tagged with: magazine

Older Post Newer Post