Sindroms

世界的なライフスタイルマガジンブームを牽引してきた「Kinfolk」。
この一時代を築いた雑誌に携わっていたメンバーを中心に発行しているのが、デンマーク発のマガジン「Sindroms」。
大きな特徴は、一号丸々使って、Red、Yellow、White、Pinkといった特定の色をテーマに据えたコンテンツをキュレーションし、編集しているところ。
毎号一つの色を通じてSindromsが探求するのは、日々更新され消費されていく最新アイテムなどの「情報」ではなく、社会や文化が持っている、より本質的な「価値」の部分なのです。

このマガジンを手にして読み終わった頃には、世界がちょっと違って見えてくるかもしれません。

////////

- どうして色にフォーカスをしたの?

なぜなら、誰もが色に影響されていて、色がどれだけ強力で、どれだけ自分や周囲の環境に影響を与えているかを分かっていないからよ。だからこそ、シンドロームはそれぞれの色によって引き起こされる感情や心の状態を編集しているの。
もしかすると、あなたは無意識のうちに、一つの色に引かれてきたのかもしれませんね。

Sindromsは、人々に自分の色の選択についてより深く考えさせ、様々なデザイナー、アーティスト、シェフなどがどのようにその色を彼らの作品で使用しているか、発見するための招待状のようなものよ。