sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms / Issue #3: White Sindrom
sindroms

sindroms / Issue #3: White Sindrom

Regular price ¥3,500


ライフスタイルマガジンKinfolkからキャリアチェンジしたメンバーを中心に発行しているマガジン。巷に溢れかえるライフスタイル系マガジンがナチュラルカラーを好むのに対し、特定の色にベースにコンテンツをキュレーションし様々な文化やジャンルを超えた編集しています。

第3号のWhite Sindromでは、空白のキャンバスの概念を通じてSindrom自身の白の解釈を探ります。この号はすべてのストーリーの出発点になるのです。
真っ白のキャンバスは、アトリエの画家だけのオブジェクトではありません。抽象化されたキャンバスは、「何も存在しない」、「あり得ない」ということである反面、可能性の象徴という解釈もできます。
そしてそれは創造性、空虚さ、ミニマリズム、バランス、落ち着き、そして完全主義の間の移行を表現しています。

この号では、複数の業界にわたるさまざまなクリエイティブの空白のキャンバスを提示します。作家のAgnese Kleina(Benji Knewman)、イラストレーターのMaria Sainte、詩人のPhoebe Wang、セットデザイナーのduo Paris se quema、建築家のAndrew Trotter、スタイリストのDenis Bjerregaard、グラフィックデザイナーのLuke Haymanなど。それは、創造的なブロック、老年、創造性の汚名、ワークライフバランス、感情的なミニマリズムなどの概念的な社説や思考の断片をビジュアルエッセイなどのトピックで慎重に編集しまとめています。

※2019年2月12日(火)販売スタート

Sindroms is a journal of monochrome states of mind. Curating its content based on specific colours and investigating them across culture, Sindroms immerses its readers in the feelings and moods evoked by each colour. 

In this issue:

The third issue, White Sindrom, explores Sindroms’ own interpretation of white through the concept of a blank canvas—a starting point for every story in this issue.

A blank canvas is not only an object in a painter’s atelier. It is the possibilities of nothingness reaching beyond, and it represents the transitions between creativity, emptiness, minimalism, balance, calmness and perfectionism, the main themes this issue explores throughout its 186 pages.

The issue presents the blank canvas of different creatives across multiple industries. These include writer Agnese Kleina (Benji Knewman), illustrator Maria Sainte, poet Phoebe Wang, photographer and set designer duo Paris se quema, architect Andrew Trotter, stylist Denis Bjerregaard, graphic designer Luke Hayman, and many more. It takes on topics such as the creative block, old age, the stigma of creativity, the work-life balance, wiping the slate clean, emotional minimalism, among many others - through conceptual, carefully curated editorials, thought pieces and visual essays.

 

<about sindroms>

世界的なライフスタイルマガジンブームを牽引してきた「Kinfolk」。この一時代を築いた雑誌に携わっていたメンバーを中心に発行しているのが、デンマーク発のマガジン「Sindroms」。大きな特徴は、一号丸々使って、Red、Yellow、White、Pink、Evergreenといった特定の色をテーマに据えたコンテンツをキュレーションし、編集しているところ。毎号一つの色を通じてこの雑誌が探求するのは、日々更新され消費されていく最新アイテムなどの「情報」ではなく、社会や文化が持っている、より本質的な「価値」の部分なのです。

このマガジンを手にして読み終わった頃には、世界がちょっと違って見えてくるかもしれません。

 


この商品をシェアする


コレクション内の他の商品