書く

誰かに何かを伝え、残しておくための一番アナログな手段でもある「書く」ということ。デジタル時代の今だからこそ、改めて「書く」ということを考え直していきたい。