Saft bottle MÅTTA /サフト用グラスセット

by Diameter34

¥12,500

MÅTTAはスウェーデン人のAnnelie Grimwadeとイギリス人のWill BellのカップルがコラボレーションしたプロジェクトDiameter34の手吹きガラスのサフト用のグラスセットです。水を入れるデキャンタ、小さなジュースのサフト瓶、そのサフト瓶がデキャンタのストッパーとして機能します。
これは外出先で飲み物を飲むのに最適なコンパクトなサイズ感で、様々なシーンで誰もが好きなように冷たい飲み物を楽しむことができます。
MÅTTAとは、スウェーデン語で「測ること」を意味します。

AnnelieとWillはThe Royal Danish Academy of Fine Artsのボンホルム校で出会いました。彼らはOh Oakのブランドを立ち上げたSarah Oakmanとも同時期に学んだ仲間でもあります。

同じ土地で作られたプロダクトということもあり、とても良いコンビネーションです。

〔size〕
・デキャンタ:φ60mm×H230mm
・サフト瓶:φ25mm×H70mm
・コップ:φ65mm×H95mm

 ※こちらの商品は上記の3点セットの価格になります。

____

【出会いの証】

 デンマークの首都コペンハーゲンの中心部から20分ほどバスで移動したノアブロ地区で年数回、デンマークのクラフトマンたちを集めたマーケットFlids Julemarkedが開催される。ライフスタイルマガジンa quiet day Season5で取材し、その後プロダクトを扱わせてもらっているOh Oakがそのクリスマスマーケットに出店するということで、仕入れも含めてマーケットに足を運んでみることにした。

 会場に入ったところの正面にOh Oakはブースを陣取り、あたりは人集り。デンマークでの人気とマーケットのメインコンテンツであることが伺える。作家のSarahに軽く挨拶をし、少し人集りが落ち着いた後に話をしようと思い、他のブースを回っているとあるブースを横切った所で声をかけられた。しかも自分の名前を。声をかけて来たカップルの顔を見たところ見覚えもなく、どうして自分の名前を知っているのかを尋ねると、「Sarahの友達だろ?よくinstagramを見ているぞ!」と彼の方がそういうではないか。

 世界はとても広いようでいて、とてもスモールワールドなんだと、どこかのおとぎの国の曲を思い出しながら、彼らの話を聞くと、どうやらOh OakのSarahとは学校が同じだったとか。

 最近このカップルがコラボレーションしてデザインして作ったMÅTTAというプロダクトを見た瞬間、だったらOh Oakのプロダクトとも絶対に相性はいいだろうと、そういった関係性も合間って、すっかり心を奪われてしまった。
 この手吹きガラスのサフトセットは、そんな出会いの証のモノなのです。

____ 

Here we are @g._william_bell_glass and I @grimwade at @flidmarked showing or collaboration work for the first time. On the picture is the Saft bottle MÅTTA, the name refers to the word measure, which is exactly the point in its design! The stopper which also is as a bottle for the Saft itself, becomes a playful and decorative detail, decide yourself if & how much your drink should taste!