Oh Oak Nordlandシリーズ/小皿(グリーン)
Oh Oak Nordlandシリーズ/小皿(グリーン)
Oh Oak Nordlandシリーズ/小皿(グリーン)
Oh Oak Nordlandシリーズ/小皿(グリーン)
Oh Oak Nordlandシリーズ/小皿(グリーン)
Oh Oak

Oh Oak Nordlandシリーズ/小皿(グリーン)

Regular price ¥4,500

Oh Oak の作品に出会ったのは、デンマークのインテリアショップ Finderi だった。その後 a quiet day Season6で特集を組むに至ったわけだが、その理由は彼女の作品の色合いに惹かれてしまったことに他ならない。
Oh Oak は手にした人が驚くような、Oh!と思わず言ってしまうようなプロダクトというコンセプトがある。
斯く言う私も、思わず Oh !と言っ てしまった一人なのです。

デンマークのBornholm島を拠点に活躍するクラフトマンSarah Oakmanが2015年に立ち上げたNew Nordic CraftのOh Oakというブランド。

Bornholm島の自然の色合いやテクスチャーを、そのままプロダクトに落とし込むその手法は、かつて、デンマークのArts and Craftsの陶器を牽引していたSøholmやMIchael Andersenからも影響を受けています。

活動の拠点にしているBornholm島のNexøという場所はバルト海が一面に広がる場所。このバルト海の澄み渡った海のブルーをNexøシリーズとして表現しています。
コーヒーでも日本茶でも合う、普段使いをしたいプロダクトです。
一点一点ハンドメイドで作られているプロダクトなので、それぞれの色合いが異なります。

〔size〕φ70mm×H25mm

_______

“玉のように半透明に曇った肌が、奥の方まで日の光を吸い取って夢みる如きほの明るさを啣(ふく)んでいる感じ、あの色あいの深さ、複雑さは、西洋の菓子には絶対に見られない。”
日本の作家の谷崎潤一郎が「羊羹」にいての陰翳美を綴った一節だ。
漆黒とも言い難い羊羹の薄透明な黒は、それが乗る器の余計な光をも吸収してくれているのであろう。

この羊羹が乗るデンマークのBornholm島を拠点に活躍するクラフトマンSarah Oakmanが2015年に立ち上げたOh Oakというブランドの緑色の器は、自然の色やテクスチャーからインスピレーションを反映している。
そのため、まるで黒の羊羹に笹の葉が包まれているかのようなコンビネーションを見せてくれる。

_______

Oh Oak

陶芸が古くから盛んなデンマークの島、ボンホルム島で活躍するセラミックアーティスト/クラフツマンが立ち上げたブランドOh Oak。
Oh Oakの作家でもあるSarah Oakmanは2004年にデンマークの生涯学習システムのホルケホイスコーレに通い、陶芸をスタートさせる。2012年にThe Royal Danish Academy of Fine Arts School of DesignのBornholm校で本格的に陶芸を学び、在学中の2015年に自身の名前Sarah Oakmanと、自分のプロダクトを手にした人のリアクションが「Oh!」と驚くようなものを作るという意味も込めて「Oh Oak」というセラミックブランドを立ち上げる。
現在では、ボンホルム島の豊かな自然の色合いやテクスチャーをプロダクトに反映させた特徴的なプロダクトラインNexøシリーズやNordlandシリーズなどが人気でデンマーク各地のレストランでも彼女のプロダクトを使っている。現在では、デンマークの生協にあたるFDB Møblerでもデザインを手がける。


この商品をシェアする


コレクション内の他の商品