Oh Oak Nordlandシリーズ/カップ

by Oh Oak

¥4,500

デンマークのボンホルム島を拠点に活躍するセラミックアーティスト/クラフトマンのSarah Oakmanが2015年に立ち上げたNew Nordic CraftのOh Oakというブランド。

ボンホルム島の自然の色合いやテクスチャーを、そのままプロダクトに落とし込むその手法は、かつて、デンマークのArts and Craftsの陶器を牽引していたSøholmやMIchael Andersenからも影響を受けています。

活動の拠点にしているボンホルム島の北のエリアの自然の色をNordlandというシリーズで表現しています。グリーンは北部の森の色合いを。そしてピンクは夕陽が沈んだ時の空の色合いになっています。

Oh Oak の作品に出会ったのは、デンマークのインテリアショップ Finderi だった。その後 a quiet day Season6で特集を組むに至ったわけだが、その理由は彼女の作品の色合いに惹かれてしまったことに他ならない。
Oh Oak は手にした人が驚くような、Oh!と思わず言ってしまうようなプロダクトというコンセプトがある。
斯く言う私も、思わず Oh !と言っ てしまった一人なのです。


〔size〕φ70mm×H72mm
〔color〕Green :2 cups / Rose:2 cups

______

【価値のあるもの】

毎朝コーヒーと緑茶を飲むために湯を沸かすことから、僕の一日はスタートする。
ヤカンに水をたっぷりと入れ、沸かしている間にパンをトースターで焼き、その時にちょうど仕入れいている北欧のコーヒー豆をミルでザラメ状になるまで手で引く。

ヤカンの水がカタカタと踊り始めたころ、それぞれのカップをコンロの近くにセッティングする。コーヒーにはOh OakのNexøカップを、そして緑茶にはこのNordlandの緑のカップを、といった感じに。

このNordlandの緑のカップは、Oh Oakが作られるデンマークのボンホルム島の北部に広がる森林などからインスパイアを受けてプロダクトに落とし込んでいる。プロダクトの緑色と緑茶の緑が、なんとも言えない陰影を作り出し、朝陽が差し込む日となれば、その美しさは更に増す。そしてそのカップの底に手を触れてみると、釉薬が垂れ込んだ跡が絶妙な曲線や盛り上がりを疎らに作り出し、その触感はなんとも言えない心地よさを演出してくれる。

価値のあるものは、自分の暮らしに寄り添って、それを使っていくうちに様々な発見や心地よさを演出してくれるものなのだ。

words&photo: Kensuke Iwai 

_______

Oh Oak

陶芸が古くから盛んなデンマークの島、ボンホルム島で活躍するセラミックアーティスト/クラフツマンが立ち上げたブランドOh Oak。
Oh Oakの作家でもあるSarah Oakmanは2004年にデンマークの生涯学習システムのホルケホイスコーレに通い、陶芸をスタートさせる。2012年にThe Royal Danish Academy of Fine Arts School of DesignのBornholm校で本格的に陶芸を学び、在学中の2015年に自身の名前Sarah Oakmanと自分の作品を手にした時のリアクション「Oh!」をもじって「Oh Oak」というセラミックブランドを立ち上げる。
現在では、ボンホルム島の豊かな自然の色合いやテクスチャーをプロダクトに反映させた特徴的なプロダクトラインNexøシリーズやNordlandシリーズなどが人気でデンマーク各地のレストランでも彼女のプロダクトを使っている。現在では、デンマークの生協にあたるFDB Møblerでもデザインを手がける。

inspiration photo by Oh Oak