sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms / Issue #4: Pink Sindrom
sindroms

sindroms / Issue #4: Pink Sindrom

Regular price ¥3,500

 世界的なライフスタイルマガジンブームを牽引してきた「Kinfolk」。この一時代を築いた雑誌に携わっていたメンバーを中心に発行しているのが、デンマーク発のマガジン「Sindroms」。大きな特徴は、一号丸々使って、Red、Yellow、White、Pinkといった特定の色をテーマに据えたコンテンツをキュレーションし、編集しているところ。毎号一つの色を通じてこの雑誌が探求するのは、日々更新され消費されていく最新アイテムなどの「情報」ではなく、社会や文化が持っている、より本質的な「価値」の部分なのです。

 このマガジンを手にして読み終わった頃には、世界がちょっと違って見えてくるかもしれません。

sindromsは2017年に創刊しました。その後、赤、黄、白の色にフォーカスを当てたシリーズを発売するごとにモノクロームのマインドセットを提供するプラットフォームとしての地位を確立し始めてきています。最新号の第4号ではピンクにフォーカスを当てています。

ピンクはとても元気な色です。
そしてピンクは幸福な色でもあります。
時にスリルを感じることもありますが、色のニュアンスとしては概ね柔らかく繊細で、最も親密な瞬間を重ね合わせ、慣れ親しんだ場所での快適さと新たな密接な関係の探求のために役立つこともあるでしょう。
ピンクは、成長の過程で直面した課題や、自分自身を発見することへの興奮、そして、私たちの若い自分たちが日々扱っている素朴さを反映しています。
ピンクは時に度が過ぎてしまうこともあります。

Pink sindromsでは、ピンクと深く結びついている五つのテーマ「若さ」、「素朴さ」、「陶酔」、「親密さ」、「人工性」といったピンク色のレンズを通して、ピンクの複雑さと輝きを探求し、180ページの構想的で慎重に編集された論説、思考の断片、印象的な視覚的エッセイをまとめています。

私たちは、常にスリルを追い求める必要があること、なぜ人生は若者のためにデザインされているように見えてしまうのか、表面的なつながりの中での感覚の低下、純真であることの甘さ、親密さを恐れる理由などの話題を取り上げます。

※2019年9月15日(日)販売スタート

Sindroms first launched in 2017, when it started establishing itself as a platform delivering monochrome states of mind, where its readers can get immersed into monochrome worlds in which the colour takes a predominant and unexpected role. While the previous issues have explored the colours red, yellow, and white, the 4th edition explores all things pink.

Pink is energising. Pink is euphoric. It can have you chasing thrills, but it can also be soft and delicate, layering your most intimate moments, standing for the comfort found in a familiar place and the exploration of a new close connection. Pink reflects the challenges met in the process of growing and the excitement of discovering ourselves, as well as the naivety with which our younger selves treated every day. Sometimes, pink can also just be too much: it can inspire superficiality and give you that sugar rush, that overwhelming artificial taste, where you wish someone would just hand you a glass of water.

In the Pink Sindrom:

The Pink Sindrom explores the complexity and brilliance of pink through the lens of five topics that we deeply associate with the colour—youth, naivety, euphoria, intimacy and artificiality—which we explore in 180 pages of conceptual, carefully-curated editorials, thought pieces and striking visual essays.

We take on topics such as our constant need to be chasing thrills, why life seems to be designed for the young, the deterioration of our senses in the midst of superficial connections, the sweetness of being naive, or why we’re terrified of intimacy. We talk eureka moments with India Mahdavi, praise experiments with Garance Vallée, and take a microscopic dive into the actual feeling of euphoria - endorphins and all. We explore pink through the eye of dozens of talented photographers, 3D artists and illustrators, set designers and art directors, and take a trip down memory lane with Henrik Vibskov, Pietro Quaglia, Corey Moranis and Kristen de la Vallière.


この商品をシェアする


コレクション内の他の商品